清須市で遺品整理を依頼して正解だった

気持ちの整理がつかないときに清須市で遺品整理を依頼して正解でした

おばあちゃんがなくなった時、おばあちゃんのお葬式だとかお通夜、それに遺品整理とかを手伝ったことがあります。私のおじさんが喪主だったんですけれども、大変そうだったからということで孫や子供全員で色々と手伝うことになったんです。こういう時に親族の絆ってすごい大事だなと思いました。

例えばなんですけれどもお葬式はおじさんの兄弟で色々と手配をしました。お通夜の通知なんかもすべて葬儀場がやってくれるんですけれども、その細かな設定などについても、兄弟で力を合わせて行ったのです。私もそこに出席していました。

また私は遺品整理について担当しました。清須市にまで遺品整理をしに来てくれる人はいるのか?と思って調べたのです。そうすると専門の会社があって、清須市まで対応しているということでお願いすることになりました。

葬儀が終わるとみんなで遺品整理をすることになりましたが、プロの会社のスタッフがリードしてくれて、短時間で終えることができました。私達だけでやっていたら喧々諤々の議論をして、ゴミを捨てられない状態だったかもしれません。

全ていらないものは持って行ってもらって終了したんですけれども、ここまでほとんど私も含めて悲しみで心が辛かった時期でした。心が辛くて悲しいけれども、前に進めたのは遺品整理の業者の方々を始め、周りの方の協力があったからだと思います。

私も本当は家族でやったほうがいいと思っていましたが、やっぱりこの気持ちの整理がつかないときにはプロに入ってもらったほうがいいと思って、遺品整理の業者を呼んだのです。そしてそれは心が安定してきた今でも正解だったと思います。